カレンダー。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
新着記事。
目次。
コメント。
トラックバック。
月別記事。
探しますよ。
お世話になってる方や
管理人ページ。
映画や漫画,ゲームなど、面白かった非現実な世界をデーンと紹介。
そんな管理人の趣味に走った雑多ブログ。
コメント等、大歓迎です!お越し下さった皆さん、お気軽に足跡を残してくださいませ(´∀`)
<< こども定期演奏会。 | main | きのこにはまる。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
PLUTO
浦沢 直樹,手塚 治虫,手塚 真
小学館
(2004-09-30)
コメント:手塚治虫さん原作、鉄腕アトム『史上最大のロボット』を、20世紀少年などで有名な浦沢直樹さんがリメイクした作品。リメイク、と書きましたが、そこはさすが浦沢さん。1度読んだくらいじゃ理解できないような深さです。絵はもちろんのこと、話の内容もだいぶ原作から離れた作品となっています。でも、大きな筋は原作のまま。もちろん、面白さや感動は、そのまま引き継いで。

貸して頂いて読みましたシリーズ。(なんかいつも名前が違うw)
今回はPLUTOでございます。

まず。一言コメントに
一回読んだくらいじゃ理解できないのが浦沢さんっぽい。
みたいなこと書きましたが、自分、浦沢さんの作品って、

YAWARAしか読んだことないんです。

知ったかぶってごめんなさいごめんなさい。
でも、周りの評判は「浦沢さんの漫画は伏線とかいっぱいあって一回読んだだけじゃ分からない。それが面白い」とよく聞くので、それにあやかってみました。知ったかぶってごめんなさい。

さて、謝罪もすんだとこで感想ブログ。

まず、原作の『史上最大のロボット』。こっちから読みました。
自分、アトムをちゃんと読むこと自体が初めてだったのでなんかもういろいろアレだったのですが。
感動する話だったんですね。
プルートゥとウランの関係がまたいい。

この原作を頭に入れたうえでのPLUTO。

まず、原作ではなかったサイドストーリー的な部分がしっかりしてます。
主なロボットが7人出てくるんですけど(プルートゥを入れたら8人、さらにで9人?)、皆の話をしっかり描いてくれてます。
個人的に、それらの話は原作のイメージを崩すことは一切なく、すんなりと入れました。

表紙で分かることですが、まず絵が全然ロボットっぽくないですよね。
それは中身を読んでいってもますます思うことで、登場人物の9割くらいがロボットという、なんとも未来的なお話。なのに、ロボットっぽいロボットというのがその中で2割くらいしかいないんじゃないかってくらい、限りなく人間に近付いたロボットがいっぱい出てきます。すげぇ話だ。
でも、この話自体がちょっと悲しい話なんですけど、それってロボットが人間に近付きすぎたから起こってしまったんじゃないかと思う訳d……

っと!うっかりネタバレする勢いでした。ごめんなさい。

ネタバレ含む感想は続きから!







JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
 

さて、そうです。
人間に近付きすぎたって話です。

最高の人工知能は嘘をつく

本編で出てきた言葉ですね。すげぇ話だ。
さらにここに出てくるロボット達は、憎しみを持ち、涙を流し、優しさを持ち、他人を愛する訳です。
すげぇ話だ。

さっきちょっと書きましたが、原作にさらにサイドストーリーが書き加えられている。このPLUTO。
原作にはなかった話が盛りだくさんでお送りされるPLUTOですが、例えば、エプシロンの子どもを守るために自分の手で守るといった、ここっ!というエピソードは残してくれているあたり上手いなぁと上から目線でごめんなさいですが、思ってしまったりします。
そんな中、自分はノース2号の話で泣きました。
ロボット嫌いの音楽家ご主人さまと、そこに召使い?として来たピアノに憧れるロボット。
この二人の関係がね…また泣けるよね…
さらに最期、歌が空から聴こえてくるという…いや、泣けました。

泣いたと言えば、アトム。彼も本来の主役の座をことごとく別のロボット達にとられてきた訳ですがw、
最終巻で、もう大丈夫です。と言って博士に笑いかけるあたりは、やっぱりちょっと感動しますよね。主役はやはりこの子だった、と思い出させてくれた訳です。アトム可愛いよアトム。

そして、この漫画の(『史上最大のロボット』としても『PLUTO』としても)魅力に挙げられる大きな理由の一つはプルートウにある、なんて話はよく聞きますが、やっぱりプルートウは、ただの悪役じゃない訳で。

勝手なイメージ。昔の漫画って勧善懲悪が多いんじゃないかと思うのです。
いわゆる、正義の味方が敵を倒す!みたいなね。桃太郎ですよ。でも、鬼にも事情があったかもしれない訳で。
そんな事情を持った鬼さんがプルートウなんですねぇ。
この辺の話は、原作がシンプルで分かりやすく、だからこそ、すっと感動しましたね。
PLUTOは、アブラー博士とかゴジ博士とかサハドとか……色々考えながら読んで、時にはwiki先生に教えを請い、そうしてまた読み返す……とかやってると感動してる場合じゃないとかなってしまったという頭の弱い自分にはもったいない感じになってしまったのです。残念だったねorz
でも、原作ですごい好きだったプルートウとウランの関係はPLUTOでも健在で。ウランと出会い花畑の絵を描いた辺りとかが伏線になってたり、最後にプルートウがアトムに、ウランによろしく伝えてくれと言った所だったりは素直に感動してしまいました。

さて、そのプルートウは、やっぱりハッピーエンドとは行かないわけで。
というか、ハッピーエンドの形がこの漫画ではちょっとよく分からない。自分には哀しいことだらけな漫画に見えてしまうのです。
が、実はそうでもないというのが、この漫画の不思議な魅力なのかなとか思ったりもしました。
憎しみからは、何も生まれない。
プルートウのセリフであり、ゲジヒトさんのセリフでもあります。こういうセリフをロボットが言う訳です。すげぇ話です。
さらにゲジヒトさん、自分の子どもロボットに向かって、
地球が終わっても、お前を離さないぞ
とも言ったりします。ロボットだってことを忘れさせてくれますね。

ここまで書いて読み直してみると、自分はロボットについてしか書いてない気がします。
でも、そうなんです。この漫画、登場人物のほとんどがロボットであり、また先にも書いたように、ロボットが限りなく人間に近い。憎しみを持ち、涙を流し、優しさを持ち、他人を愛したりするんです。
時には、上に書いたみたく、人間よりも人間らしい(むしろ、人間てこうあって欲しいという感じでしょうか)意志を持っている。ここに出てくるロボットは、そんなロボットがとにかく多い。
さらに、今の自分はボカロにはまってしまったもんだから、世の中の無機物は感情を持っているんじゃないかとか成人をとっくに越えた いい大人としてはちょっと危ない考えを持ってしまったりしてるので、さらにロボットだって感情がある。という考えに拍車がかかってしまう訳です。
その内、あのくまさんが持ってるようなロボット最強説?にも賛同してしまうかもしれない。

でも、人間だって捨てたもんじゃない。
そう改めて思い出させてくれる存在がいます。お茶の水博士。この人。
ゲジヒトのメモリーチップを注入した結果、復活し、そして脱走したアトムを追っていった時、天馬博士にタンカ切った時、かっこよすぐる
彼の存在が、人間を救ってくれたと勝手に思っております。

今、書いててふと思ったりしたんですが、
天馬博士がアトムに入れたのって、ゲジヒトのメモリーチップですよね。
確かに、ゲジヒトはロボットだけど「憎悪」という感情を持っていた。
それがアトムに「偏った感情」として注入されたからアトムは目覚めた…ってことですよね。
でも。
ゲジヒトは憎悪だけを持っていたんじゃない。
それこそ、奥さんや子どもを愛する感情だって持っていた。憎悪からは何も生まれないという思いも。
そういう思いもあったから、アトムはかたつむりを見て、かつての自分を取り戻したんでしょうか。ゲジヒトの優しい部分の感情が、取り戻させてくれたんでしょうか。

あ、これ、最初に読んだ時に気付けって話ですかねwww遅wかwっwたwかw


浦沢さん漫画はすごく久しぶりに読みましたが、すごい考えながら読む漫画だということが、それはそれは理解できましたw
でも、すごく話を深く描く方ってことなんですね。『史上最大のロボット』も、それはそれですごく面白かったのですが、『PLUTO』もすごく面白かったです。そして、いろいろ考えましたw


余談。
このレビューを書くのに、途中2回消してるというwww合計時間で7時間はかかってるというねwwwwなんという耐久戦wwwww

余談2。
途中、さらりとボカロって出した自分がカオスwwwwwwww









| マンガ帳 | 02:56 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 02:56 | - | - |









http://den-bon.jugem.jp/trackback/571
ピアノ講師の求人募集転職情報
とっても高待遇なピアノ講師の求人募集転職の情報です。
| ピアノ講師の求人募集転職情報 | 2009/08/13 6:23 PM |
ユーチューブ アニメ
ユーチューブのアニメ作品を紹介していきますよ〜☆ ユーチューブでアニメを楽しむ人のためのブログ♪ ユーチューブでアニメを色々見てみませんか??
| ユーチューブ アニメ | 2009/08/18 8:28 PM |