カレンダー。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
新着記事。
目次。
コメント。
トラックバック。
月別記事。
探しますよ。
お世話になってる方や
管理人ページ。
映画や漫画,ゲームなど、面白かった非現実な世界をデーンと紹介。
そんな管理人の趣味に走った雑多ブログ。
コメント等、大歓迎です!お越し下さった皆さん、お気軽に足跡を残してくださいませ(´∀`)
<< ピーマンうまい。 | main | 手を繋ぐ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
忍びの国
和田 竜
新潮社
(2008-05)
コメント:忍びとはどのような奴らなのか。もちろん実際に見たこともなければ勉強したこともないですが、読んでいて素直に入ってきました。ここに描かれている奴ら、それが忍びなんだ。伊賀の者は人間ではない。でも、彼らは確かに人の心を持っている。人間とは思えないことを笑ってやってのけても、すごく人間らしい部分がある、それが忍びなんじゃないかと、読み終わった後に感じました。和田さんの戦いの描写は本当に引き込まれる。

のぼうの城の著者、和田竜さんの作品。
今度の主役は伊賀の忍び。それだけで心躍るのは、自分が生粋の忍者好きだからw
そう、思い起こせば1○年前。当時SFCでハマりにハマりまくったFF5で一番最初に4人ともジョブマスターにしたのは忍者でしたw二刀流って響きが好きすぎたんだwww

うん。完全に話がずれたねw


のぼうの城でも思いましたが、この人の小説は、最初、主人公が誰だか分かりづらいw
でも、読み終わる頃には完全に自分が主人公目線になってしまうという。。。すごいです。完全に引き込まれました。
また、最後まで読み終えてから改めて読み直すと、主人公の最初の登場シーン(正確には本人描写はないのですが)、カッコよすぎる。こういうの好きだー。

この「忍びの国」では、忍びの人間性だったり、戦い方が思う存分描かれています。
人の心を持たない、冷徹非道の忍び。彼らが動くのはいつでも目的や、銭の為。
作品の中でも、伊賀の者達を指して

人間ではない

という言葉が何度か出てきます。

目的の為なら他人を出し抜き、人を殺すことなど屁とも思うな (作品中より)

これが、古来から続く伊賀者達の習性。他人の命にも、そして自分の命にも感傷を抱かない。
この伊賀者特有の習性。これの表現の仕方がなんともうまい。

様々な人たちのそれぞれの思いから引き起こされた天下・織田軍による伊賀攻め。
しかし、それを本当に引き起こしたのは、人の思いすらも利用した策略だった。
合戦すらも手のひらで操ろうという、伊賀者達の策略。
さらには戦闘の上でも、火だったり土だったり、色々な戦略が繰り出されます。
ただ戦が起こり、ただ戦うだけじゃない。
登場人物、全てが頭フル回転。読んでるこっちも頭フル回転。
もちろん、そんな策略が張り巡らされているという面白さに加え、1対1の戦闘シーンの描写は相変わらずの興奮をくれます。手に汗握るとは、まさにこのこと。また忍者=素早さ、この方程式は公式のようでw、そのスピードを活かした戦闘シーンは、本当に読んでてドキドキします。


銭の為、自分の目的の為なら、ためらわず他人の命を奪う伊賀の忍び。
例えそれが血のつながった家族でも、例外ではない。

そんなところから出てくる「人間じゃない」という表現。

他人を想う気持ちを持った忍びは「変人」扱いを受けていた。
そんな変人と言われる忍び達、彼らが、この話の核の部分にいます。

だからですかね。
この「忍びの国」という話は、人間じゃないと言われる伊賀の忍び達の話なのに、すごく人間味を考えさせられる話になってると思ってみたり。

前の「のぼうの城」でもそうでしたが、和田さんの描くキャラクターは、全員に色があります。
伊賀者から見ての敵方、織田軍の面々にもちゃんとストーリーがあるんですよね。
武士というのは人間味の塊だと自分は思っているのですが、ここに出てくる武士たちもまた、人間味の塊です。読んでいて、こっちも応援したくなってしまいます。
武骨な漢が大口あけて豪快に笑う……こういうのに弱い自分w



そして、単純に話自体が感動するのです。
リアルに泣きました。

伊賀者は、目的の為には手段を選ばない。
言いかえれば、自分の心に真っ正直ということ。

伊賀者だろうが何だろうが、人は人を愛するんです。


おっとぉ!!!!これ以上はネタばれになるので自重!!!!!





でも語りたいから、続きから〜w
これより下はネタばれしまくりなのでご注意願います!!





 


という訳で、自分が感動したのは、お国の存在。主人公・無門の奥さん(無門が言うにw)
なんのひねりもなくてサーセンw

お国がまたカッコイイ女性です。
そして、そのお国を守る無門のカッコよさが異常。
だって、無門っつったら二刀流…!!!!!!!
はい、ちょっと突っ走りましたw
でも身のこなしとか、彼の戦いは読んでて本当に手に汗握らせてくれます。
最初にもちょっと書きましたが、最初の無門の描写って手裏剣ですよね?
なんだこのかっこいい感じ。

そして、お国を前にした時の尻に敷かれっぷりが最高ですw
って訳で、この夫妻が大好きな訳です。

だからね。やっぱり最後はそりゃ泣きますよね。。。

いつも余裕かまして、人を殺した後ですら、へらへらできる無門。
その無門が見せる笑顔以外の顔。これがまたもう…たまらないです。いろんな意味で。


なお、やっぱり先にちょっと書きましたが、その他のキャラクターも面白い人たちが多いです。
武士好きの自分としては大膳なくしては、この小説は語れない。
織田軍最強にして、なんだあの武士道の塊は。
一本筋がまっすぐに立っている、こういう人っていうのは無条件に惹かれますなぁ。。

で、最後に大膳が、これからの世の中にも伊賀の血は紛れ込んでくる、みたいな予見をするシーン。
これを裏付けるかのような、最後の文吾の登場。なんかもうここら辺もまた総毛立つ感じです。
なんかもう橋の上とかね、橋の真ん中に人が集まったらその重さで橋を壊すくらい難しいことじゃn(ryって感じですよねwww

余談ですが。文吾と言えば、石川五右衛門。この人のその後の話も描いてくれないかな…


いやー。歴史小説って聞くと硬い感じがするけど、この人の小説は本当にすごい面白い。

最後に一言。

忍者最高









| 文学帳 | 01:49 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 01:49 | - | - |









http://den-bon.jugem.jp/trackback/538
"あらゆる病気は背骨で治る"の著者である医学博士の徳永耕二の感想
このような質問がサポートスタッフのもとに届きました。最近、ネットではちょっとした“記憶術ブーム”らしく、似たようなホームページがいくつかあって、実際にどれが一番いいのか迷ってしまうとのことでした。確かに、自ら日本チャンピョンになり、過去30年間に渡り
| 難関資格試験や難関大学受験に合格した英単語記憶法[FUJIMOTO KENKO 藤本式記憶術]藤本憲幸 | 2009/06/03 11:12 PM |
異形の魅力「忍びの国」
やべえ。忍びかっこええ。なんだろう、この魅力。 なんだかんだ言って忍者ものとか大好物です。 「のぼうの城」が割に面白かったのでこちらにもにょろっと触手。 「忍びの国」だもの、ええ、忍者ものですよ。 史実と虚構を上手く組み合わせた手法はのぼうとおなじだけれ
| What's Design Blog | 2011/03/28 5:54 PM |