カレンダー。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
新着記事。
目次。
コメント。
トラックバック。
月別記事。
探しますよ。
お世話になってる方や
管理人ページ。
映画や漫画,ゲームなど、面白かった非現実な世界をデーンと紹介。
そんな管理人の趣味に走った雑多ブログ。
コメント等、大歓迎です!お越し下さった皆さん、お気軽に足跡を残してくださいませ(´∀`)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
忍びの国
和田 竜
新潮社
(2008-05)
コメント:忍びとはどのような奴らなのか。もちろん実際に見たこともなければ勉強したこともないですが、読んでいて素直に入ってきました。ここに描かれている奴ら、それが忍びなんだ。伊賀の者は人間ではない。でも、彼らは確かに人の心を持っている。人間とは思えないことを笑ってやってのけても、すごく人間らしい部分がある、それが忍びなんじゃないかと、読み終わった後に感じました。和田さんの戦いの描写は本当に引き込まれる。

のぼうの城の著者、和田竜さんの作品。
今度の主役は伊賀の忍び。それだけで心躍るのは、自分が生粋の忍者好きだからw
そう、思い起こせば1○年前。当時SFCでハマりにハマりまくったFF5で一番最初に4人ともジョブマスターにしたのは忍者でしたw二刀流って響きが好きすぎたんだwww

うん。完全に話がずれたねw


のぼうの城でも思いましたが、この人の小説は、最初、主人公が誰だか分かりづらいw
でも、読み終わる頃には完全に自分が主人公目線になってしまうという。。。すごいです。完全に引き込まれました。
また、最後まで読み終えてから改めて読み直すと、主人公の最初の登場シーン(正確には本人描写はないのですが)、カッコよすぎる。こういうの好きだー。

この「忍びの国」では、忍びの人間性だったり、戦い方が思う存分描かれています。
人の心を持たない、冷徹非道の忍び。彼らが動くのはいつでも目的や、銭の為。
作品の中でも、伊賀の者達を指して

人間ではない

という言葉が何度か出てきます。

目的の為なら他人を出し抜き、人を殺すことなど屁とも思うな (作品中より)

これが、古来から続く伊賀者達の習性。他人の命にも、そして自分の命にも感傷を抱かない。
この伊賀者特有の習性。これの表現の仕方がなんともうまい。

様々な人たちのそれぞれの思いから引き起こされた天下・織田軍による伊賀攻め。
しかし、それを本当に引き起こしたのは、人の思いすらも利用した策略だった。
合戦すらも手のひらで操ろうという、伊賀者達の策略。
さらには戦闘の上でも、火だったり土だったり、色々な戦略が繰り出されます。
ただ戦が起こり、ただ戦うだけじゃない。
登場人物、全てが頭フル回転。読んでるこっちも頭フル回転。
もちろん、そんな策略が張り巡らされているという面白さに加え、1対1の戦闘シーンの描写は相変わらずの興奮をくれます。手に汗握るとは、まさにこのこと。また忍者=素早さ、この方程式は公式のようでw、そのスピードを活かした戦闘シーンは、本当に読んでてドキドキします。


銭の為、自分の目的の為なら、ためらわず他人の命を奪う伊賀の忍び。
例えそれが血のつながった家族でも、例外ではない。

そんなところから出てくる「人間じゃない」という表現。

他人を想う気持ちを持った忍びは「変人」扱いを受けていた。
そんな変人と言われる忍び達、彼らが、この話の核の部分にいます。

だからですかね。
この「忍びの国」という話は、人間じゃないと言われる伊賀の忍び達の話なのに、すごく人間味を考えさせられる話になってると思ってみたり。

前の「のぼうの城」でもそうでしたが、和田さんの描くキャラクターは、全員に色があります。
伊賀者から見ての敵方、織田軍の面々にもちゃんとストーリーがあるんですよね。
武士というのは人間味の塊だと自分は思っているのですが、ここに出てくる武士たちもまた、人間味の塊です。読んでいて、こっちも応援したくなってしまいます。
武骨な漢が大口あけて豪快に笑う……こういうのに弱い自分w



そして、単純に話自体が感動するのです。
リアルに泣きました。

伊賀者は、目的の為には手段を選ばない。
言いかえれば、自分の心に真っ正直ということ。

伊賀者だろうが何だろうが、人は人を愛するんです。


おっとぉ!!!!これ以上はネタばれになるので自重!!!!!





でも語りたいから、続きから〜w
これより下はネタばれしまくりなのでご注意願います!!





続きを読む >>
| 文学帳 | 01:49 | comments(0) | trackbacks(2) |
のぼうの城
和田 竜
小学館
(2007-11-28)
コメント:時は戦国時代。豊臣秀吉が天下を取り、次に落とそうとするのは武州忍城。秀吉から息子のように慈愛、そして期待を背負った石田三成が総大将となり忍城を攻める一方、迎え撃つ忍城は「でくのぼう」から名づけられた「のぼう様」が総大将。天下とでくのぼうの戦いが、湖の上に浮かぶ「浮城」を舞台に始まる。

JUGEMテーマ:読書

歴史小説、というと硬く感じますが、言葉もそんなに難しくなく、気軽に入れるタイプの歴史小説だと思います。内容だって、個人的に文句なしに面白く、魅力的です。
(言葉使いがおかしいとか史実と違うとか一部では言われているようですが、あくまでもこれは、教科書ではなく小説。十分おもしろく読めればそれで十分ではないか、とか思ってしまう。)


時は豊臣秀吉が天下を取った戦国時代。
さらに天下統一を目指すべく、狙うは関東に幅を利かせている北条氏。
その北条氏の支城、武州の忍城を落とすべく総大将を任されたのは、幼少の頃、秀吉に見いだされ召し抱えられた石田三成
対する忍城の総大将は、領民から、「でくのぼう」から取って呼ばれている「のぼう様」こと成田長親

石田三成の兵・二万に対し、のぼう様の兵は領民たちも合わせて二千。
人数だけ見ると圧倒的に不利だが、のぼう様側には地の利も、そして人の利もあった。
でくのぼうと呼ばれるほど、不器用で、知性も猛々しさも感じさせない総大将のぼう様には、人を惹きつける何かがあった。
「浮城」と呼ばれる、周囲を湖で囲まれた城・忍城を戦場に、のぼう様側の有能な家臣団達は引けを取らない戦いを繰り広げる。
しかし、敵も天下人・秀吉が認める石田三成。天下としての戦いを繰り広げようとする。
天下を取ったものしか使えない戦法、水攻め


簡単にまとめると、こんな話です。…たぶんw


個人的に魅力的なのは登場人物と、戦いのシーン


登場人物については「登場人物、みんなが愛らしい」みたいな表現をなさってる方もいらっしゃいました。納得。主役も、敵も、皆について細かく描かれているので、敵すらも憎めなくなります。

戦いのシーンは、武士らしく一騎打ちだったり、戦(いくさ)って感じの描写だったり、戦法だったり…こんなに戦の描き方が面白いと思ったのはなかなかありません、ってくらい面白かったです。ほんと、映像で観たら(自分の想像だけでも)絶対鳥肌


途中途中、漢字が多くて読むのに疲れたり(これは完全に自分が活字離れしたせいw)、前に戻って確認しながら読んだがため疲れたりと、くじけそうになった部分があるのも否めませんが、それは歴史小説という分野だからこそ多少の頭の疲労は覚悟しなければならない訳で…(繰り返しですが、自分が活字離れしてたせいw)
そこら辺を差し引いても、すごく面白かったです。
いざ戦いが始まってからは、読み終えるまで一気でした。

いやー。久しぶりにハマる小説でした。




こっから先は、さらに個人的感想をつらつらと…
※ネタばれもしちゃうかもだから注意※





続きを読む >>
| 文学帳 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハリーポッターと死の秘宝
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
J. K. ローリング

ついに最終巻です。

最後の戦い。
やっぱり、こう表すのが個人的には当てはまります。

闇の帝王と、生き残った男の子との最後の戦い。
全1000P強に渡る7巻、最初から最後まで(正確には36章まで)が戦いだったように思えます。
そして、最初から、これが最後だと言われてる感をビシビシに受けました。ダドちゃんとかね!!これ以上は自重。

とにかく、最初からハリーと例のあの人の戦いが始まる最終巻。
6巻でダンブルドアから託されたヴォルデモートを倒すという仕事に、ハリー・ロン・ハーマイオニーの3人が悩んで、傷ついて、喧嘩して、泣いて、それでも3人で立ち向かっていく。読んでると「あれ?ハリー、2人に苛立ちすぎじゃない??」と感じたりするんだけど、3人はしっかりと友情という名の絆で結ばれてました。
とにかくハリーに対する、ロンとハーマイオニーの友情に泣けます。もちろん、ネビルやルーナ、ホグワーツの生徒達。本当に友情っていいな…

不死鳥の騎士団も、もちろん引き続き大活躍です。モリー!!と叫ばずにはいられません。
あと双子とか双子とか双子とか…あ、自分、双子好きなんですw

マルフォイ一家に対しても、やっぱり嫌なヤツらなんだけど、一概に言えなくなりますね。クリーチャーに至っては今や大好きですよ!
それから忘れてはいけないのがセルブス・スネイプ
彼に関しては、ここでは何も書きません。
文字を大きくだけさせて頂きました。本当にもうあいつ…これ以上は自重。
私を泣かせたのは、こいつですよ。
彼に始まり(それが33章)34章に入ってから、私は泣きっぱなしでした。ハリーの運命に関わってくる重大な場所です。
詳しくは書かないけど、そこら辺の流れは、ほんとに泣きながら読みました。

とにかく読んでて、登場人物と一緒にハラハラしてドキドキして、涙を流して…
36章(終章の一つ前)を読み終わった時に

終わったぁ

これが最初の感想でした。
読み終えて感じたもの。それは、ハリー達の冒険と戦いに自分も一緒についてったかのような達成感、かもしれないです。

そして終章。
ここに関しても、ネタバレが怖いのでここでは何も書きません。

もし、この文章を読んで、本編だけを読んで満足してしまった方がいらっしゃったら伝えたいことがあります。それは、
不死鳥の歌は読んで下さい。絶対。
これに尽きます。
や、いない気もするのですが、いちお。

自分は あとがき が大好きです。
作者の本音とか、自分では読み取れなかった文章の裏側に隠された意味とか、本編をさらに深く知る為の要素がいっぱい詰まってるからなんですけど、
この本に関しても例外ではなかったです。
不死鳥の歌、というのは、いわゆる あとがき なのですが、自分は、ここを読んでまた鳥肌が立ちました。本編に戻って読み返しました。


ネタバレしないように書いたから支離滅裂な文章ですみません。
今、本当にたった今、読み終わってすぐパソコンに向って書いてるので、頭がまだぼやぁっとしてるのも事実です。自分が文章が下手ってのも事実ですwww…orz

なんだか、純粋なファンタジーって、こういう話のことを言うのかなって思ってます。
冒険とか、戦いとか、仲間とか。
小さい子が読むには正直難しい言葉がいっぱい並んでいるけど、
ぜひ小さい子に読んでもらいたい。ホグワーツを夢見て欲しいです。


いつか、また最初から読み返したい作品です。



いつかね。長いからw






JUGEMテーマ:読書




まだまだ語りますよ。
こっから先はネタバレ危険!!




続きを読む >>
| 文学帳 | 04:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
AB型自分の説明書
最近の話題の本と言えば、

B型自分の説明書

が思い浮かんだりしてました。

けっこう血液型性格診断とか信じちゃうタイプでして、
人間、たった4種類に分けられる訳ないじゃないか!
という意見もごもっともだと思いますが、それでもやっぱり似ることはあるんじゃないかと思ったりしてました。

だから興味あったんですよね、前から。

で、B型自分の説明書が本屋さんで平積みとかなってて、店頭のランキングでも1位とかなってて、
そりゃ気になりますよね。

で、そんな気になるシリーズ、B型の次はA型がきました。
ここまで来たら、O型が来てAB型くるかな…

なんて思ってたら、


なんかすぐキタwww

O型よりもAB型のが先にきました。ちょっとびっくり。
でも、この勢いだとO型が来るのも時間の問題じゃないですかね。



気になってただけで買う予定はなかったのですが、
友達(AB型)が持ってて、ちらっと見せてもらったらドツボ。
まず、単純に読み物として面白いですよ。文章の書き方が面白い。
そして肝心の性格診断の部分。
怖いぐらいあてはまる。

まぁ確かにそれはねぇよって箇所もありましたが、
そんなことはちっぽけです。
とにかくあてはまる箇所が多い。

最初読む前は、

まぁちらっと中身が見れればいいなー

って感じだったのですが、
友達に見せてもらって、ちらっと中身見たら

買わなきゃ

勢いです。勢いで買いました。

内容のおもしろさは確かにあるんですけど、
個人的に購入の決め手だったのは
なんか安心する
って感情だったりしました。

こういう考え方しちゃうのって自分だけじゃないのか!
(AB型全員が同じって思ってるわけじゃなく、とりあえず作者の人、また作者の周りの人の中に)同じ考え方をする人がいる。
そう思えるだけで、自分が自信持ててなかったことも、ちょっと自信につながったような気がしないでもない…弱気w

なんて、ちょっとネガティブな自分が欲してた部分もあったりします。

まぁ。それは伝次郎個人的な意見ですので。

とにかく、こういうのを信じる信じない問わず、
読み物として、1回読んでみても面白いのではないでしょーか?


あ、ここまできて、書き忘れてたことに気付きました。

自分、AB型です(笑)



JUGEMテーマ:読書


| 文学帳 | 03:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
花宵ロマネスク―僕は天使にキスをする
とある男子校に新任教師として赴任してきた桐原珠美先生は、いきなり、名家「宝生家」の誰かと結婚してくれと頼まれます。しかも、その「宝生家」はロゴスの呪いに捕われていて、珠美先生の力でロゴスの呪いを解放し、彼らを救って欲しいとまで言われます。悲しい運命に縛られた彼らを、珠美先生は救えるのか!?
携帯恋愛ゲーム「花宵ロマネスク」待望のノベライズ化です!

携帯の自分で選択肢選んで…っていうのも面白いですけど、やっぱり本は読みやすい!
自分はゲームだと名前変えてるので(///)、珠美先生と宝生家、といった、花宵の素の世界を見た気がします。
携帯版から、まるごと書き直したと作者さん自身もお話しているように、携帯版にさらに深いところまで内容がプラスされて再登場って感じだったので、ゲームをやってる人でも楽しめるのではないでしょうか?

面白いなぁと思ったのは、語り手が変わること。これって小説だと珍しくないですか?
主人公は珠美先生なのですが、場面によって語り手が宝生の男性5人の誰かになったりして、登場人物6人の内面をじっくりと読むことが出来ました。主人公である珠美先生視点はもちろん、宝生の男性5人それぞれの視点から語られる部分もたくさんある訳です。それが更に花宵の世界に深くはまらせてくれる感がありました。一気に読破です。
文章の雰囲気も、いつもの携帯版と同じなので(そりゃ書いてる人が同じだからと言えばそれまでですが)それもゲームをやってた自分には好印象だったりしました。
もちろん、花宵を全然知らない人でも、普通に「小説」として楽しく読めると思います!

話の内容はもちろん面白かったのですが、個人的には本編以外のおまけのページだったり、隠しページだったり、恐竜やチュッパチャップス…作り手さん達の遊び心だったりw、そういうところでも楽しめました。まさにお得感が満載。
内容的には携帯版の4話くらい(本編は今のとこ26話まで配信中の未完結)までですし、さらには「え?なんか怪しい」って終り方にもなってるので、続編も期待しちゃって…いいんですかね!?笑
| 文学帳 | 02:18 | comments(0) | trackbacks(4) |
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
最終巻に向けていざ行かん!って勢いを感じる第6巻でした。

前巻までは、守ろうとしてるんだから大人しくしててと、何もやらせてもらえないが為に始終イライラしてたハリーも、この巻はイライラが取れて、見ててこっちもイライラしませんでした。いや、めでたいwww

この巻では、ついにハリー自身がヴォルデモート卿退治に向けて動き出します。最も頼りになるあの人と一緒に徐々にヴォルデモートに近付いていく様は、読んでてドキドキしました。なんだか、今まで子ども扱いされてたハリーが、やっと一つ大人と見てもらえたような感じもして私も嬉しかったりw

さらには、ハリーはあの娘へ行くの!?みたいなビックリもあり、ロンもハーマイオニーも思春期真っ只中!!!!と叫ばずにはいられない16歳となっております(笑)

が、笑顔だけで1冊読めないのもハリー・ポッターです。


お前ー!!!!(ノ`□´)ノ
と何度叫んだことか。


あぁぁぁ早く続きが読みたい!!!!!!



以下、もっとネタバレありの感想。



続きを読む >>
| 文学帳 | 13:08 | comments(0) | trackbacks(23) |
『ドアD』
このブログ、基本は本とか音楽とかを紹介したくて立ち上げたのに、最近もっぱら自分の悩みをぶちまける日記帳と化してました。
や、それはそれで有り難いことなんですけど…(ストレス発散になってたのでw
が、たまには本業に戻りたいと思います。

本屋さんで衝動買いです。
山田悠介さん著 『ドアD』

実は、あんまり衝動買いするタイプではないのです、私。
じゃ、なんで、そんな私が衝動買い?

答は…
サイン本だったのです(´∀`)
ミーハーな伝次郎は、そういうのに疎いのです…笑
須○屋さんでイベントでもあったのでしょうか?本店で何かあったらしく、何故かこんな埼玉の須原○さんでも5、6冊置いてありました。

山田さんが人気作家さんなのは百も承知。
いつか、「何これ!?すげー面白い!!大好き!!」と私が豹変するような作品を書いてくれることも、ないとは限りません。

て訳で、即購入。

えぇミーハーですが何か?w


買ってきて、2時間弱で読み終わりました。

ちなみに、この作品、ブログ連載をしてたそうで…
リンクで載せさせて頂きます、オリコンブログさんです。
プロローグから半分ぐらいまでがブログで公開されてますので、これから読もうって思ってらっしゃる方は、ネタバレに御注意をお願いします!

さて。感想ですが…たまに「文章が稚拙」と言われているのを耳にしますが、私にとっては一気に読める文章でした。文章が難しかったら、なかなかそうはいかない(私の頭の弱さでは特に)このちょっとしたのめり込み感。これは、やっぱり山田さん作品の良い所の一つなんだと思います。


さて。ネタバレ感想へ。

ネタバレだけじゃなく、伝次郎のだいぶ個人的な「好き嫌い」が関わってきます。
読む際は御注意をお願いします。




続きを読む >>
| 文学帳 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
リアル鬼ごっこ
なんか、さっきの日記はダメですね…。
明日の練習に向けて、自分を奮い立たせようと思って書いたのに、気付いたらどんどん暗くなっていってた。結果、あんまり奮い立ってないし。いや、行くけども。

で、なんで連続投稿かというと。ちょっとブログを書いて気分を明るくしようかと。

そこで選んだ題材が、大学で一緒に吹いてるサックスさんから借りた、
山田悠介 著 「リアル鬼ごっこ」

…あまり明るくなる題材ではないですね(´ω`;)

でも、なかなか面白かったので感想を書いとこうかな、と。


かなり個人的なネタバレつき感想なので、下のほう注意をお願いします!




続きを読む >>
| 文学帳 | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハリーポッター5巻
昨日、大学までチャリンコで行きました。
1時間で行けると計算していった結果、2時間かかりました…orz

おかげで昨日は爆睡です(笑)

なので更新できなかったブログ。
やっと読み終わりました!ハリーポッターと不死鳥の騎士団!!!!

全部読み終わってから感想を書こうと思ってたから、ずいぶん我慢しました、騒ぐの

何度ブログ上で騒いでしまおうと思ったことか…

以下、ネタバレしまくり、騒ぎまくりです。注意!!
続きを読む >>
| 文学帳 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(4) |
1/1 Copyright © paperboy&co. All Rights Reserved.